Q1 入学資格は何歳ですか?

3歳から小学校に入る前までのお子さんです。

Q2 対象年齢に満たないのですが、乳児向けのプログラムはありますか?

乳児向けのプログラムとして、0、1歳児向けに「トットクラブ01」を行っています。プログラムの詳細は今後の活動予定などをご参照ください。

Q3 2歳児こども芸術大学とは何ですか?

月2回程度の段階的保育を行い、後の3年間の基盤となる親子のつながりと、親同士のつながりを築く、2歳児親子向けの活動です。約1年間、同じ仲間で過ごします。参加者は満3歳児になった時点で、こども芸術大学の入学者という位置づけになります。

Q4 親も毎日通って活動するのですか?

月曜日は親子がいっしょに活動する時間を設けています。また金曜日には行事や、子どもたちの成長の振り返りを兼ねたミーティングなどを行いますのでご参加ください。その他の曜日・時間は子どもたちの様子に合わせて自主選択となります。ただし、年少の時期は親子の絆を深めるため、毎日一緒に登校します。

Q5 具体的にどのような活動を行うのですか?

・子どもの活動

「対話の時間(自然・菜園)(美術)(音楽・歌)(リズム)」「遊びと学びの時間」を設けています。

・親子の活動

「創作の活動」や「行事」があります。

・親の活動

日常的には子どもたちと一緒に活動を作ったり、「気づきの時間」の活動を行ったりします。

また月に一回程度の「瓜生山セミナー」に参加したり、大学の講義科目を聴講したりします。

Q6 子どもの活動は、学年毎に異なるのですか?同じ内容を一緒に行うのですか?

活動の内容によっては分かれる場合もありますが、基本的には一緒に過ごします。

Q7 活動費はどのようにお支払いするのですか?

活動費は年額(300,000円)になります。希望者は分割(1ヵ月25,000円×12回)でのお支払いも可能です。

Q8 自家用車での通学は可能ですか?

駐車設備がありませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。ただし遠隔地からの通学は負担が大きいので、無理のないように考慮してください。

Q9 芸術の英才教育の場なのですか?

こども芸術大学はスタッフとお母さんが一緒に活動をつくる生活の場です。芸術指導の教室とは異なります。自然や人とのふれあいを通して「感じる心」を育む場です。